ハーレー歴代モデル ナックルヘッド

ハーレーの中でもナックルヘッドはエンジンの形が非常に美しいとして歴代モデルの中でマニアの間で非常に愛されているモデルです。ヘッドの形が握りこぶしの形に似ていることからナックルヘッドと呼ばれていますが、この形状は決してデザイン的な面からなっているものではなく、最も効果的な形状を設計した結果としてこの形になっているところが大きなポイントでもあります。

それまでのハーレーのエンジンは非常に平坦でロスが多いものでした。排気量であることからそのロスは目立たない面がありましたが、バイクレースが盛んになり効率の良いエンジンが必要になったことや、他社が効率の良いOHVエンジンを続々と開発してきたことから、ハーレーも他社に負けないエンジンを変えるとする必要があり、研究を重ねた結果この独自の形状のエンジンが生まれたと言う形があります。

その形状から非常にデザイン面ばかりが注目される傾向がありますが、当時としては高回転型でありながら高い耐久性を持つエンジンとして非常に人気が高まり、その人気は現在でも続いています。現在の最新モデルはより高性能なエンジンが採用されており、このエンジンは既に製造はされていませんが、マニアの間ではハーレーらしいエンジンとして現代でも高い人気を誇っています。

ナックルヘッド