ハーレーのカスタムパーツ 倉庫

倉庫

日本の輸入バイクの中で有名なのはハーレーダビッドソンになります。このバイクはもともと戦前にアメリカでつくられてからというもの、戦後になり日本に輸出し始め、そこで日本でもアメリカンバイクの代表格として有名になりました。見た目がアメリカンなだけでなく、さまざまカスタムパーツをつけることができることや、カスタム用パーツの多さからハーレーの人気は一気に高まります。車体もそれなりに高いですが、カスタム用パーツをつけていくと本体価格を超えてしまいバイク一台に500万円以上のお金をかけている人も少なくないでしょう。

カスタムパーツは、まったくつけない人もいますが、つけている人は、かなりの種類を持っており、倉庫などに保管してあることが多いです。保管する時の注意点は、金属製品であれば定期的に磨いておくことが必要でしょう。なぜなら、さびてしまうからです。さび止めを塗っておいてもよいかもしれませんが、特に梅雨の時期は注意が必要です。

また、ハーレーのカスタム用パーツには、革製品が多いです。もともと黒い革製品が似合うバイクですので、実際に多くの製品が流通しているのも事実です。革製品は、定期的に磨いておかないとカビが生えやすくなるため要注意でしょう。