ハーレー歴代モデル ショベルヘッド

ショベルヘッド

ハーレーの歴代モデルのなかでも、ショベルヘッドは非常に人気の高いモデルです。エンジンのヘッド部分がショベルの形状に似ていることから命名されているこのモデルは、ハーレーの歴代モデルの中でも安定した性能を誇っており、1957年の登場以来現在まで高い人気を誇っているモデルでもあります。

ハーレーの歴史の中には、このほかにも様々なエンジンのタイプがありますが、排気効率が悪かったり、エンジン音がうるさすぎると言う問題を抱えているものも少なくありませんでした。本来は大型モデルであるためエンジン音の大きさはマニアにとっては魅力的な側面もありましたが、高性能化を図る上ではエンジンの音が大きすぎる事はパワーを最大限に引き出す上での障壁となってしまうため、スピードモデルには不向きなものとして敬遠されていたのです。そこで安定したパワーとエンジンの静粛性を求めた結果、特徴的な形状のショベルヘッドのモデルが誕生しました。

そのため初期はスポーツモデルの中心に搭載された経緯があり、現代では様々なモデルに搭載されていますが元来は高速走行モデルのエンジンとして開発されたため、その取り回しの良さや加速性能はハーレーの歴代モデルの中では高い性能をもつエンジンとしてマニアの間で注目の的となっています。