イメージを変えるにはステッカーをヘルメットやタンクに貼る

ハーレー

カスタムは魅力的ではあるものの、パーツ選びの知識が必要である他、購入するためのお金も用意しなければいけません。自分でパーツを交換するなら技術も工具も必要になります。

ハーレー初心者にとって愛車のカスタムは決して簡単なことではありません。それでも愛車のイメージを変えたい、自分好みにカスタムしたいと考えるのがハーレー乗りならではの気質と言えます。知識や技術が乏しく用意できるお金も少ないならステッカーを貼るという選択肢があります。
ステッカーは安価で購入できるのでお金をかけずに愛車のイメージを変えるのに最適です。ハーレー向けのデザインは種類が豊富なので、好みのデザインを組み合わせて貼ることもできます。

ハーレーにステッカーを貼る場合、もっとも目立つ場所はヘルメットです。ハーレーを走らせる際に必ず被るヘルメットは人目を引きやすく、ハーレーのパーツのひとつと言っても過言ではありません。そのヘルメットに個性的なデザインのステッカーを貼れば他との差別化は成功したと言えます。

ヘルメット以外にはタンクもステッカーを貼るのに適したパーツです。
ハーレーの中でもタンクは目立つパーツなので、ステッカーを一枚貼るだけで他のハーレーとは大きく異なるイメージを持たせることも難しくありません。ステッカーは剥がすのも簡単なので、汚れや色落ちで傷んだらすぐに新しいステッカーに交換することができます。

ステッカーを使ったハーレーのイメージチェンジは初心者ばかりではなく、愛車のカスタムに慣れているベテランにも好まれている方法です。ステッカーの一枚で他との差別化を図ることができるので、個性の演出にこだわるハーレー乗りには必需品と言っても過言ではありません。